チュニジア共和国

日・チュニジア外相会談

令和元年8月28日

英語版 (English)

  • 日・チュニジア外相会談1
  • 日・チュニジア外相会談2

本28日午後2時頃から約20分間,横浜において,河野太郎外務大臣は,ハマイエス・ジヒナウイ・チュニジア共和国外務大臣(H.E. Mr. Khemaies Jhinaoui, Minister of Foreign Affairs of the Republic of Tunisia)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,ジヒナウイ外務大臣は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加するため訪日中です。

  1. 冒頭,河野大臣から,再会を歓迎し,エセブシ大統領の逝去に際し心からお悔やみ申し上げる旨伝えた上で,チュニジアにおいて予定される大統領選挙及び国民代表議会選挙の成功をお祈りする旨述べました。
  2. 続いて,両大臣は,治安対策分野の無償資金協力「経済社会開発計画」に係る交換公文の署名が本28日に行われることを歓迎するとともに,TICAD7に合わせた「質の高いインフラ投資」分野の協力覚書及びJETROとチュニジア投資促進庁(FIPA)との協力覚書への署名についても歓迎する旨述べました。また,両国間で技術協力協定や租税条約等,経済交流促進の枠組みの整備に向け緊密に連携することで意見が一致しました。
  3. この他,河野大臣から,国連安保理非常任理事国選挙におけるチュニジアの当選への祝意を述べ,両大臣は,北朝鮮情勢を含む国際情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
チュニジア共和国へ戻る