ジャマイカ

安倍総理のジャマイカ訪問

平成27年10月1日

 安倍内閣総理大臣は9月30日から10月1日にジャマイカを訪問し,キングストンにおける行事に参加したところ,概要は以下の通りです。今回の安倍総理のジャマイカ訪問は日本の総理大臣による初めての訪問です。

1 主要日程

9月30日(水曜日)

歓迎式典
戦没者慰霊碑献花式
日・ジャマイカ首脳会談
署名式・共同記者発表
ボブ・マーリー博物館視察
シンプソン=ミラー・ジャマイカ首相主催夕食会

2 歓迎式典

 9月30日12時15分(現地時間。日本時間10月1日午前2時15分)から約10分間,安倍総理は,ノーマン・マンレー国際空港で行われた歓迎式典に出席しました。
 安倍総理は,空港到着時に,シンプソン=ミラー首相,ホルネス労働党(野党)党首などの出迎えを受け,引き続き,儀仗隊による栄誉礼を受けました。

  • 歓迎式典に出席する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)

3 戦没者慰霊碑献花式

 9月30日12時55分(現地時間。日本時間10月1日午前2時55分)から約5分間,安倍総理大臣は,キングストン市内の国立英雄公園において戦没者慰霊碑献花式に出席し,慰霊碑に対し献花を行いました。献花式にはシンプソン=ミラー首相も立会いました。

  • 国立英雄公園で献花する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • 国立英雄公園で献花する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)

4 日・ジャマイカ首脳会談

  • 日・ジャマイカ首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)

5 署名式・共同記者発表

 9月30日15時45分(現地時間。日本時間10月1日午前5時45分)から約30分間,安倍総理は日・ジャマイカ首脳会談に引き続き,シンプソン=ミラー首相と共に,「日・ジャマイカ・パートナーシップ(J-Jパートナーシップ)強化に関する共同声明」(骨子(PDF)別ウィンドウで開く仮訳(PDF)別ウィンドウで開く英文(PDF)別ウィンドウで開く)に署名を行い,共同記者発表を実施しました。署名式ではこのほか,両首相の立会いの下,我が方中野正則駐ジャマイカ大使と先方ピーター・D・フィリップス財務・計画大臣との間における一般文化無償資金協力「ジャマイカ研究所展示・視聴覚機材整備計画」に関する交換公文の署名及び早下隆士上智大学学長とヒラリー・ベックレス西インド諸島大学副総長との間における「学術協力に係る上智大学と西インド諸島大学間の協力ための了解覚書」への署名が行われました。

  • 署名式に臨む両首脳
    (写真提供:内閣広報室)
  • 共同記者発表
    (写真提供:内閣広報室)

6 ボブ・マーリー博物館視察

 9月30日16時30分(現地時間。日本時間10月1日午前6時30分)から約20分間,安倍総理大臣は,キングストン市内のボブ・マーリー博物館を訪問しました。
 シンプソン=ミラー首相,デビ・ビソン博物館代表等の出迎えを受け,同首相の案内で博物館内を視察しました。
 安倍総理大臣は,ボブ・マーリー氏のレコード,表彰功績等の展示を視察しました。

  • ボブ・マーリー博物館を視察する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • ボブ・マーリー博物館を視察する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)

7 シンプソン=ミラー・ジャマイカ首相主催夕食会

 9月30日19時(現地時間。日本時間10月1日午前9時)から約2時間,安倍総理大臣は,シンプソン=ミラー首相公邸庭園で開催された同首相主催夕食会に出席しました。
 シンプソン=ミラー首相からは,乾杯挨拶において,安倍総理の初のジャマイカ訪問を歓迎するとともに,今後両国の友好関係がさらに発展することへの期待を述べ,乾杯しました。
 続いて,安倍総理からは,乾杯挨拶において,日本人は様々な面でジャマイカに親しみを持っていることを紹介し,両国が島国としての共通の課題を有し,自然災害に際しても相互に助け合ってきたことに言及し,更なる日本とジャマイカのパートナーシップの強化に向けて乾杯しました。

  • 夕食会前、パウエル元選手と歓談する両首脳
    (写真提供:内閣広報室)
  • 夕食会に向かう両首脳
    (写真提供:内閣広報室)