安倍総理大臣

クルシード・インド外務大臣による安倍総理大臣表敬

平成25年3月27日

  • クルシード・インド外務大臣による安倍総理大臣表敬 (1)
  • クルシード・インド外務大臣による安倍総理大臣表敬 (2)

 本27日午後1時40分から約25分間,安倍晋三内閣総理大臣は,サルマン・クルシード・インド外務大臣(Mr. Salman Khurshid, External Affairs Minister of India)の表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。

  1.  安倍総理から、クルシード外相の訪日を歓迎した上で、2007年にインドを訪れ、国会で演説した際に述べたとおり、日本とインドの関係は「最も可能性を秘めた二国間関係」であり、自分も日本とインドの関係の更なる発展に努力したい旨述べました。
  2.  これに対しクルシード外相から、自分もインド国会で総理の「二つの海の交わり」と題する演説を拝聴したが、日本とインドの関係の重要性や将来性を正しく指摘したものであり、感銘を受けた、来るべきシン・インド首相の訪日に向け、両国関係を更に発展させていきたい旨述べました。
  3.  二国間関係に関し、安倍総理から、アジアの安全保障環境が厳しさを増す中、戦略的パートナーであるインドとの間で、政治・安全保障及び経済の両面において協力を深めていきたい旨述べたのに対し、クルシード外相から、インド側としても、各分野における課題への取組を引き続き進めていきたい旨述べました。
  4.  最後に、クルシード外相から、来るべきシン首相の訪日を是非成功させたい旨述べたのに対し、安倍総理から、シン首相ご夫妻の訪日を心待ちにしている旨述べました。

このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る