安倍総理大臣

クマール・インド首相対日関係特使による安倍内閣総理大臣表敬

平成25年9月18日

 本18日午後4時5分から約15分間,安倍晋三内閣総理大臣は,アシュワニ・クマール・インド首相対日関係特使(H.E. Dr. Ashwani KUMAR, Special Envoy of the Prime Minister of India)の特使就任挨拶を兼ねた表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理から,クマール特使の就任を歓迎した上で,天皇皇后両陛下がインドを御訪問になる本年を日インド両国にとって歴史的な年にするべく,緊密に協力していきたい,また,日インド戦略的グローバル・パートナーシップの進展は両国の国益にかなうものであり,日インド関係を一層推進していきたい旨述べました。

2 これに対しクマール特使から,自分(クマール特使)が首相特使に任命された背景には,価値観を共有する日本との「戦略的グローバル・パートナーシップ」をシン首相が極めて重視していることがある,天皇皇后両陛下のインド御訪問の成功に向けあらゆる努力を行い,二国間関係の一層の発展に尽力していきたい旨の発言がありました。

(注)本年8月,シン・インド首相は,アシュワニ・クマール前インド連邦法務大臣(上院議員)を対日関係特使(閣僚級)に任命。クマール特使の任務は,天皇皇后両陛下の本年のインド御訪問及び安倍総理の次回のインド訪問に向けた準備を行うこと,並びに,これらを通じて日インド関係の維持・強化を図ることとされている。


このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る