安倍総理大臣

日露首脳電話会談(概要)

平成25年9月10日

 9月10日午後6時から約15分間,ロシア側の発意により,安倍総理大臣はプーチン・ロシア連邦大統領との間で電話会談を行ったところ,概要以下のとおり。

1 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催
(1)冒頭,プーチン大統領から,2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致実現についての祝意とともに大会の成功を祈念するとの発言があった。続いて,東京が最高レベルのオリンピックを開催することを確信している,IOC総会で三つの都市が立候補した中で東京が勝利したことは,安倍政権及び安倍総理への国際社会の信頼の印である旨述べた。

(2)これに対して安倍総理から,G20サミットがプーチン大統領のリーダーシップの下,成功裏に終わったことをお祝いする旨述べ,今回の2020年オリンピック・パラリンピックの東京招致決定について,早速にお祝いの電話を頂き大変嬉しく思う,5か月後に迫ったソチ五輪の成功を心からお祈りする旨述べた。

2 シリア問題
(1)安倍総理から,シリアの化学兵器の国際管理等をシリア政権側に呼びかけるとの提案を前向きなものと評価し支持する旨述べるとともに,日本としても,シリア情勢の改善・正常化に向け,ジュネーブ2会議をはじめとするプロセスに積極的に参加・貢献していく考えである旨述べた。

(2)これに対しプーチン大統領からは,現在シリア側に働きかけているところである,作業は難しいものがあるが,一定の進捗がある旨述べた。

(3)最後に,安倍総理から,シリアに関して引き続き連絡をとり合いたい旨述べた。

このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る