ODAと地球規模の課題

近衞国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)会長及びシィIFRC事務総長 による中根外務大臣政務官表敬(概要)

平成26年10月30日

1. 10月29日(水曜日)15時40分から約20分間,中根一幸外務大臣政務官は,近衞忠煇国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)会長及びエルハッジ・アマドゥ・シィIFRC事務総長(Mr. Elhadj Amadou Sy,Secretary General, International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies)の表敬を受けました。
 
2. 中根外務大臣政務官から,自然災害時の最も脆弱な人々に対するIFRCの支援は,我が国の推進する「人間の安全保障」の理念と合致しており,西アフリカでエボラ出血熱対応等のため活動するIFRCの役割を評価し,引き続きIFRCと協力していきたい旨述べました。
 
3. 近衞会長より,世界においては自然災害のみならず様々な災害が発生し,人道支援のあり方も多様になっている状況等について説明がありました。また,シィ事務総長より,日本のIFRCに対するこれまでの支援について謝意を表すると共に,IFRCと日本とのパートナーシップをこれからも緊密にしていきたい旨述べました。

このページのトップへ戻る
ODAと地球規模の課題へ戻る