人道支援

ダ・シルバ国連世界食糧計画(WFP)事務局次長による濵地外務大臣政務官表敬

平成27年10月28日

  1. 10月27日(火曜日)午後4時から約40分間,濵地雅一外務大臣政務官は,ラミロ・ロペス・ダ・シルバ国連世界食糧計画(WFP)事務局次長(Mr. Ramiro Lopes da Silva, Assistant Executive Director, World Food Programme)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。
  2. 冒頭,濵地外務大臣政務官から,WFPが食料支援のみならず運輸・通信等のロジスティックス支援を提供するなど重要な役割を果たしていることに言及し,専門性や現場における豊富な知見を有するWFPと今後も連携を図っていきたい旨述べました。また,WFPによる日本人職員の積極的な採用や日本の民間部門との連携強化のほか,日本の資金によって行われる活動がよりよく目に見えるものとなるよう積極的な情報発信を要請しました。
  3. これに対し,ダ・シルバ事務局次長から,人間の安全保障や女性支援等における日本の強力なリーダーシップを歓迎するとともに,日本からのWFPに対する継続的な支援に感謝の意が述べられました。また,日本の外交政策とWFPの優先課題は合致しており,今後とも日本政府及び民間部門との対話を促進し協力を強化していきたい旨述べました。
  4. この他,両者は,世界人道サミットや第6回アフリカ開発会議(TICADVI)に向けた協力等につき意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
人道支援へ戻る