持続可能な開発のための2030アジェンダ

安倍総理大臣のSDGサミット出席

令和元年9月24日

  • SDGサミット
    (写真提供:内閣広報室)
  • SDGサミット
    (写真提供:内閣広報室)
1 9月24日,国連において開催中の「SDGサミット2019」に安倍総理大臣が出席しました。同サミットは,首脳レベルでSDGs採択以降過去4年間の取組のレビューを行い,SDGs達成に向けたモメンタムを高めることを目的とし,25日まで開催される予定です。
 
2 安倍総理からは,G20大阪サミットやTICAD7における成果を含む過去4年間のSDGs推進の実績を共有した上で,全閣僚が参加する「SDGs推進本部」の本部長として,「ジャパンSDGsアワード」や「SDGs未来都市」の取組をはじめ,オールジャパンでSDGsを推進してきたことを紹介し,12月までに日本のSDGs推進の中長期戦略である実施指針を改定し,進化した日本の「SDGsモデル」を示す旨述べました。
 
3 同サミットには,グテーレス国連事務総長,ムハンマド=バンデ国連総会議長,各国首脳,国際機関の長などが参加し,成果文書として,現状認識と今後のアクションの加速化等について記載された「SDGサミット政治宣言」(英語本文(PDF)別ウィンドウで開く和文骨子(PDF)別ウィンドウで開く)が採択されました。
 
 

このページのトップへ戻る
持続可能な開発のための2030アジェンダへ戻る