持続可能な開発のための2030アジェンダ

河野外務大臣の東北大学SDGsシンポジウムへの出席(結果)

平成30年12月21日

  • 河野外務大臣の東北大学SDGsシンポジウムへの出席
  • 河野外務大臣の東北大学SDGsシンポジウムへの出席
  1.  本21日,河野太郎外務大臣は,宮城県仙台市を訪問し,「東北大学SDGsシンポジウム―持続可能な開発目標(SDGs)の達成とグローバル人材―」に出席し,基調講演を行いました。
  2.  河野大臣は,同講演において,同日午前に開催された「SDGs推進本部」第6回会合において決定された「SDGsアクションプラン2019」を含めた,SDGsに関する最新の政府の取組を紹介しました。また,SDGs実現のためには,国民「一人ひとり」がSDGs推進に取り組むことの重要性を強調しました。
  3.  また,東北地方における防災の取組が世界の範となるとの考えを示しつつ,東日本大震災からの復興に政府として全力を尽くしていく旨述べました。
  4.  さらに,SDGs実現には未来を担う「次世代」の参画が不可欠として,「次世代」による積極的な貢献と,「東北から世界へ」を目指してほしいとして国際機関をはじめとするグローバルな舞台で一人でも多くの人材が活躍することへの期待を表明しました。

 【参考】東北大学SDGsシンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)達成とグローバル人材」
 SDGsの達成に向けて,グローバル人材の育成という観点から,政府,大学,地域,企業,市民社会の果たす役割について,東日本大震災など東北の経験も踏まえ議論すべく東北大学主催で開催。河野大臣のほか,国谷裕子元NHKキャスター,今村文彦東北大学災害科学国際研究所所長,末吉竹二郎国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問が基調講演を行ったほか,行政,研究機関,民間からの参加者がパネルディスカッションを行った。


このページのトップへ戻る
持続可能な開発のための2030アジェンダへ戻る