外務副大臣・外務大臣政務官

石原外務大臣政務官主催オマーン国連常駐代表・パレスチナ国連常駐オブザーバー一行夕食会

平成26年6月13日

  • 写真1

 6月9日(月曜日)午後7時30分から,石原宏高外務大臣政務官は,我が国の招待により来日中のリュータ・スルタン・アル・ムハイリ(Ms. Lyutha Sultan AL-MUGHAIRY)オマーン国連常駐代表,リヤッド・H・マンスール (Mr. Riyad H. MANSOUR)パレスチナ国連常駐オブザーバーを迎えて夕食会を主催し意見交換を行ったところ, 概要は以下の通りです。

  1. 石原政務官より,アル・ムハイリ・オマーン常駐代表,マンスール・パレスチナ常駐オブザーバーの訪日を心より歓迎する旨及び国連においてもさらにオマーン,パレスチナと緊密に連携していきたい旨表明しました。これに対し,先方からは今回の招聘プログラムへの招待に対する感謝が示され,国連における日本の役割を評価し,一層の協力を期待する旨の発言等がありました。
  2. 併せて,今回の意見交換を通じ,石原政務官とアル・ムハイリ・オマーン常駐代表,マンスール・パレスチナ常駐オブザーバーは,国連安保理改革をはじめとする国連・国際社会の諸課題に関し,引き続き緊密に協力していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
外務副大臣・外務大臣政務官へ戻る