G7/G8

サウジアラビア人ジャーナリスト失踪事案に関するG7外相声明

平成30年10月17日

英語版 (English)

日本時間10月17日,標記文書を発出しました。
 
(声明仮訳)
我々,カナダ,フランス,ドイツ,イタリア,日本,英国,米国のG7外務大臣及びEU上級代表は,表現の自由及び報道の自由の保護に関する我々のコミットメントを確認する。

我々は,サウジアラビアの著名なジャーナリストであるジャマル・カショギ氏の失踪に対し非常に困惑している。同氏の失踪に対し責任を有する者は,その責任を問われなければならない。

我々は,トルコとサウジアラビアの連携を慫慂し,サウジアラビアが,発表されているとおり,完全で,信頼が置け,透明性のある,迅速な捜査を行うことを期待する。

このページのトップへ戻る
G7/G8へ戻る