イタリア共和国

日伊首脳会談

平成30年6月8日

英語版 (English)

 6月8日,現地時間午前11時35分(日本時間9日午前0時35分)から約30分間,G7首脳会合出席のためシャルルボワを訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,ジュゼッペ・コンテ伊首相(H.E. Prof. Giuseppe CONTE, President of the Council of Ministers of the Italian Republic)と日伊首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭

 安倍総理から,首相就任に祝意を述べるとともに,G7サミットへの初めての参加を歓迎しました。その上で,日本は,基本的価値を共有するイタリアとの関係を重視しており,今後,コンテ首相と手を携えて仕事ができることを嬉しく思う旨述べました。
 コンテ首相からは,安倍総理にお会いできて嬉しい,日伊両国が基本的価値を共有していることは同感である,経済分野を含めて両国関係を更に強化していきたいとの発言がありました。

2 北朝鮮

 両首脳は,北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な,検証可能な,かつ,不可逆的な廃棄(CVID)を実現させるため両国で緊密に連携していくことで一致しました。また,拉致問題については,安倍総理から早期解決に向けた理解と協力を求め,支持を得ました。特に,コンテ首相からは,拉致問題について,残念な事件であり,日本国民の方々の気持ちをよく理解しているとの発言がありました。

3 その他

 両首脳は,その他の地域情勢やグローバルな課題への対応等についても意見交換し,日伊で協力していくことで一致しました。また,両首脳は,できる限り早い時期に相互訪問を実現すること,その実現に向けて調整することで一致しました。


このページのトップへ戻る
イタリア共和国へ戻る