欧州

平成24年度日本センターの活動実績

(巡回講座/訪日研修及びOJT研修)

平成26年7月23日

1.巡回講座/訪日研修

(1)「中小企業経営(極東部)」

巡回講座:(3センター計:112名)
日付場所
6月12日~6月15日ハバロフスク
6月17日~6月20日ユジノサハリンスク
6月20日~6月25日ウラジオストク

 訪日研修:(3センター計:20名)
 10月10日~10月19日

(2)「リサイクル,生活廃棄物(都市ゴミ)処理システム(欧露部)」

巡回講座:(3センター計:98名)
日付場所
6月18日~6月21日サンクトペテルブルク
6月23日~6月26日ノボシビルスク
6月28日~7月1日サマーラ

 訪日研修:(3センター計:20名)
 9月26日~10月5日

(3)「中小企業の品質管理(極東部)」

巡回講座:(3センター計:103名)
日付場所
7月2日~7月5日コムソモリスク・ナ・アムーレ
7月7日~7月10日ウラジオストク
7月12日~7月15日ユジノサハリンスク

 訪日研修:(3センター計:20名)
 11月7日~11月16日

(4)「人事労務管理(極東部)」

巡回講座:(3センター計:114名)
日付場所
9月10日~9月13日ユジノサハリンスク
9月15日~9月18日ウラン・ウデ
9月20日~9月23日ウラジオストク

 訪日研修:(3センター計:20名)
 11月28日~12月7日

2.OJT研修

(1)「省エネ・環境配慮型戸建住宅建設(欧露部)」

 本邦での研修:(3センター計:20名)
 7月4日~7月13日

(2)「医療技術・サービスの近代化(極東部)」

 本邦での研修:(3センター計:20名)
 7月18日~7月27日

(3)「製薬業(欧露部)」

 本邦での研修:(3センター計:20名)
 9月12日~9月21日

(4)「医療技術・サービスの近代化(欧露部)」

 本邦での研修:(3センター計:20名)
 10月24日~11月2日

(5)「観光ビジネス(欧露部)」

 本邦での研修:(3センター計:20名)
 11月21日~11月30日

3.現地企画講座

(1)MGU日本センター:1,264名
「カイゼン」,「Just in Time ムダ取り」,「人材マネジメント」,「イチゴのハウス栽培」,「日本コーポレートガバナンス」,「経営者として考えるべき戦略的課題」,「観光マネージメント」,「顧客満足度の向上」,「地域で愛されるお店づくり」,「対日ビジネスプロトコル」
(2)サンクトペテルブルク日本センター:396名
「人材マネジメント」,「日本企業のコーポレート・ガバナンス」,「医療-大都市住民の健康と経済」,「ロシアにおける日本食レストランの運営と日露の違い」,「顧客満足度の向上」「地域で愛されるお店づくり」,「対日ビジネスプロトコル」
(3)ニジニー・ノヴゴロド日本センター:994名
「カイゼン・セミナー」,「人材マネジメント」,「伝統工芸品新商品開発」,「イチゴのハウス栽培」,「日露医療交流-日本の予防医学の現状」,「経営者として考えるべき戦略的課題」,「顧客満足度の向上」,「地域で愛されるお店づくり」,「対日ビジネスプロトコル」,「WTO加盟後のロシア企業:国際競争環境と経営」
(4)ハバロフスク日本センター:152名
「Just in Time ムダ取り」,「食品加工」,「日本の救急医療-火傷治療と再生技術」,「マーケティング」,「ホテルビジネスと顧客満足」
(5)ウラジオストク日本センター:457名
「Just in Time ムダ取り」,「水産品加工・物流技術」,「農産物生産・加工技術並びに流通・販売」,「産業誘致,物流・社会資本整備,地域総合開発」,「ベンチャービジネス(イノヴェーション事業化)」,「人事労務管理」,「国際会計基準」,「北海道の寒冷地仕様木材住宅建築技術」,「ロシアの税関機構(通関・輸出入手続き)」,「国際マーケティング」
(6)サハリン日本センター:56名
「食品加工」,「マーケティング」,「産業誘致・物流・社会インフラ整備」

4.ビジネス日本語講座

  • (1)MGU日本センター:122名
  • (2)サンクトペテルブルク日本センター:114名
  • (3)ニジニー・ノヴゴロド日本センター:65名
  • (4)ハバロフスク日本センター:94名
  • (5)ウラジオストク日本センター:120名
  • (6)サハリン日本センター:60名

(6センター総計:575名(2013年3月在籍者数))

このページのトップへ戻る
欧州へ戻る