ウズベキスタン共和国

山田賢司外務大臣政務官とクチカーロフ・ウズベキスタン国家生態系・環境保護委員会委員長との会談

令和元年6月21日

  • 山田賢司外務大臣政務官とクチカーロフ・ウズベキスタン国家生態系・環境保護委員会委員長との会談1
  • 山田賢司外務大臣政務官とクチカーロフ・ウズベキスタン国家生態系・環境保護委員会委員長との会談2

 6月21日午前10時30分頃から約20分間,山田賢司外務大臣政務官は,バフロム・クチカーロフ・ウズベキスタン国家生態系・環境保護委員会委員長(Mr. Bakhrom Kuchkorov, Chairman of the State Committee for Ecology and Environment Protection of the Republic of Uzbekistan)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,山田政務官から,クチカーロフ委員長の訪日を歓迎しつつ,5月にタジキスタンで行われた「中央アジア+日本」対話・第7回外相会合で観光分野を含む様々な協力について一致したこと,その際に河野大臣とカミーロフ外相との間で充実した二国間会談が実施されたことに触れ,両国の戦略的パートナーシップの更なる発展に向けてウズベキスタンと協力していきたい旨述べました。

2 また,山田政務官から,ミルジヨーエフ大統領の下で経済自由化を始めとする国内改革や域内諸国との協力が進められていることを評価する旨述べつつ,政治,経済,経済協力,教育,文化,地方交流等の多岐に亘る分野において両国関係が更に深化するとともに,ウズベキスタンのビジネス環境が更に改善されることへの期待を表明しました。

3 これに対し,クチカーロフ委員長からは,ウズベキスタンにとって日本は最も重要なパートナーの一つであるとしつつ,環境分野を含むウズベキスタンの経済社会開発に対する我が国からの一貫した支援への謝意の表明があるとともに,今後,環境分野を始めとするあらゆる分野において両国関係が更に発展していくよう協力していきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
ウズベキスタン共和国へ戻る