APEC(アジア太平洋経済協力,Asia Pacific Economic Cooperation)

2018年パプアニューギニアAPEC首脳会議(結果概要)

平成30年11月18日

英語版 (English)

  • 画像1
    首脳とABACとの対話
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    太平洋島嶼国首脳との非公式対話
    (写真提供:内閣広報室)

 11月17日及び18日,PNG・ポートモレスビーにおいてAPEC首脳会議が開催された。ピーター・オニール首相が議長を務め,我が国からは,安倍晋三内閣総理大臣が出席した。

1 主な日程

11月17日午後 APEC首脳とABAC(APECビジネス諮問委員会)との対話
 APEC首脳と太平洋島嶼国首脳との非公式対話
18日午前 リトリート「デジタル化された未来を通じた包摂的成長のための連携」
午後 ワーキングランチ「デジタル時代における包摂的成長の促進」

2 リトリート(議題:デジタル化された未来を通じた包摂的成長のための連携

(1) デジタル経済に向けたAPECのロードマップ,地域経済統合,FTAAP(アジア太平洋自由貿易圏),ボゴール目標の進展,2020年以降のAPECのビジョン,グローバルバリューチェーンへの中小企業の参画を確立するための方法等について議論が行われた。

(2) 安倍総理の主な発言

  • 日本は,人口減少下の中でも,潜在成長率を高めていくと同時に,人口減少の問題それ自体にも手を打っていく。
  • 国際的なルールに則り,貿易・投資の自由化と連結性の強化によって繁栄するアジア太平洋地域は,自由で開かれたインド太平洋(PDF)別ウィンドウで開くの核。
  • 来年日本はG20議長国であり,APECとG20に属する日本は,アジア太平洋地域が発展し,世界の成長センターであり続けるよう,主導的な役割を果たしていく。
  • 日本は自由貿易の旗手として,多国間,地域,二国間,あらゆる場で,自由で公正なルールの進化,また,多角的貿易システムの要であるWTO改革にもしっかりと取り組んでいく。
  • 年内に発効するTPP11別ウィンドウで開くは,21世紀型の貿易・投資ルールの基礎となり得る。TPP11やRCEPは,FTAAP実現の道を拓くもの。
  • インフラ投資については,投資国,受入国双方がウィン・ウィンとなるよう,開放性,透明性,経済性,対象国の財政健全性といった国際スタンダードを確保していくことが必要。

3 ABACとの対話

  • 画像1
    首脳とABACとの対話
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    首脳とABACとの対話
    (写真提供:内閣広報室)

 APEC首脳と各エコノミーのABAC委員との対話が行われた。ABAC委員からの質問に対し,安倍総理からは,WTO改革の重要性に加え,年内に発効するTPP11や日EU経済連携協定を含む地域的,二国間取組に,高水準のルールや不公正な貿易慣行への対処が盛り込まれるよう努力する旨発言。また,第4次産業革命,電子商取引,予防医学に関する日本の取組を紹介。

  • 画像1
    首脳とABACとの対話
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    首脳とABACとの対話
    (写真提供:内閣広報室)

4 今後の予定

 来年(2019年)はチリがAPECをホストする予定。


このページのトップへ戻る
APEC(アジア太平洋経済協力,Asia Pacific Economic Cooperation)へ戻る