よくある質問集

その他

よくある質問集トップへ


問1.外務省では、どのような情報収集・分析活動をおこなっているのですか。

 国際テロ等、刻々と変化する国際情勢の中で、さまざまな課題に機動的に対応して戦略的な外交を進めていくためには、常日頃から多様で良質な情報を収集し、すぐれた分析・評価を行うことが必要不可欠です。このため、外務省の対外情報収集・分析の能力や体制の強化は、極めて重要な課題です。
 外務省は、外国にある在外公館と東京の本省を中心とする豊富なネットワークを最大限に活用して、幅広い分野で情報収集を行っています。また、国内外の新聞記事・テレビニュース等のいわゆる公開情報を地道に収集し蓄積するほか、衛星画像等の先端技術も活用しています。
 外務省は、こうして収集された多様な情報を基に、国際情勢を客観的、総合的に分析するよう努力しています。その分析対象は、各国・地域の情勢や不拡散、テロ等国家・地域横断的な課題等広い範囲にわたっており、また、短期から中長期にわたるさまざまな分析・調査を行っています。

このページのトップへ

問2.日本政府は外国からの要人をどのようにおもてなししているのですか。

 日本政府は国賓、公賓、公式実務訪問賓客等として外国からの要人をお招きしています。例えば、国賓としてお招きした場合は、皇居での歓迎行事、宮中晩餐、総理大臣との会談、街路における賓客国旗の掲揚等が行われます。

このページのトップへ

問3.監察及び査察とはどのような制度ですか。

 査察とは、在外公館の事務が適正に行われているかどうかを調査することです。このため、外務公務員のうち適当と認められた者が、査察使として、定期的に在外公館に派遣されています。また、監察とは、監察査察官の指揮の下、外務省本省における事務が適正に行われているかどうかを調査することです。監察は、平成13年末に、中央官庁では初めて導入された制度であり、外務省本省の各部局を対象に、順次実施されています。
 なお、このような監察・査察には、透明性を高めるため、現職検事である監察査察官及び外部専門家である公認会計士(任期付き職員として採用)も参加しています。

このページのトップへ

問4.条約や協定はどこで入手できますか。

 日本が締結した条約等については、財務省印刷局 他のサイトヘ発行の「官報」に掲載されます。多くの条約等は、市販の条約集でもご覧になれます。また、外務省ホームページの条約データ検索からもご覧になれます。

このページのトップへ

問5.外交青書の名前の由来は何ですか。

 他省庁では一般に「○○白書」という名称を使用しているのに対し、当省は「外交白書」ではなく、昭和62年版以降「外交青書」という名称を使用しています(昭和61年版以前においては「わが外交の近況」を表題として使用していました)。
 「外交青書」に用いられている青書という名称の由来については、外交青書を作成し始めた当時、英国の議会の外交委員会の報告書の表紙が青色であり、bluebookと呼ばれていたこと等の理由から、この英国の伝統に倣って当省が刊行する外交についての政府刊行物の名称を「外交青書」、「Diplomatic Bluebook(同青書の英語版)」と称することとしたものです。
 外交青書は、外務省の活動全体を包括的に記述する唯一の刊行物です。是非ご活用下さい。(日本語版はこちら。)

このページのトップへ

問6.学校の修学旅行や社会科学習などで外務省を訪問できますか。

 小学生・中学生・高校生については、平成16年4月より、学校からの訪問希望を受け付け、外務省の業務に関する説明などを行っています。 詳しくは「小・中・高生の外務省訪問」をご覧下さい。

 大学生については、外務省セミナー「学生と語る」(年3回程度開催)への参加を募集したり、外務省員を派遣して、特定の外交テーマについての講演会(「外交講座」)を開催しています。

 歴史的な外交史料の見学をご希望の場合には、外交史料館にお問い合わせください。外交史料館別館展示室では、常設展示として、幕末から戦後期までの日本外交史上重要な条約書、国書・親書などを展示しているほか、テーマと期間を決めた特別展示を定期的に開催しています。

 お問い合わせ先:外務省外交史料館
 〒106-0041
 東京都港区麻布台1-5-3
 電話 03-3585-4511
 ファックス 03-3585-4514

このページのトップへ


 
目次へ戻る