セネガル共和国

日・セネガル外相会談

令和元年8月28日

英語版 (English)

  • セネガル外相会談と握手する河野外務大臣
  • 日・セネガル外相会談の様子
 本28日午後6時10分頃から約25分間,横浜において,河野太郎外務大臣は,アマドゥ・バ・セネガル共和国外務・在外セネガル人大臣(H.E. Mr. Amadou BA, Minister of Foreign Affairs of the Republic of Senegal)との間で日・セネガル外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,バ大臣は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加するため訪日中です。

1 冒頭,河野大臣から,「サル大統領ともにTICADに参加いただいたことを歓迎。4月の外務大臣就任にお祝い申し上げる。世界の食料安全保障確保に貢献したディウフ元FAO事務局長の逝去に哀悼の意を表明したい。同事務局長は親日家であり,何度も訪日いただき,多くの歴代総理にもお会いいただいた。TICADを通じて,両国の絆をより強固にしたい」旨述べました。これに対し,バ大臣から,「TICAD7への出席に当たり,日本のおもてなしに感謝する,サル大統領は日本の友人であり,同大統領からも日・セネガル関係を一層強化するよう指示を受けている」旨述べるとともに,天皇陛下の即位についてのお祝いの言葉を述べました。

2 河野大臣から,ダカール国際フォーラムや新興国会議を開催し,地域の平和の実現を主導するセネガルの取組を賞賛し,西アフリカ経済発展を牽引する取組を評価する旨述べました。また,河野大臣から,職業訓練やユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)推進に向けた協力を深めていきたい旨述べました。これに対し,バ大臣から,セネガルは,日本がTICAD6を通じて実施してきた保健分野での協力を高く評価しており,引き続きUHCの実現に向けて協力していきたい旨述べるとともに,日本の経済協力に対して感謝の意が示されました。

このページのトップへ戻る
セネガル共和国へ戻る