中南米

令和6年5月7日
カリコム加盟国と日本の国旗の色の折り紙を重ね、鮮やかな一輪の花が表現された「JAPAN CARICOM FRIENDSHIP YEAR 2024」のロゴマーク 日・カリブ交流年2024ロゴマーク

日・カリブ交流年2024とは

 2024年は、日・カリコム(カリブ共同体)事務レベル協議開始後30年が経過した年であるとともに、日本とジャマイカ及びトリニダード・トバゴ共和国との国交樹立60周年にもあたります。
 これを記念し、2024年を「日・カリブ交流年2024」とし、日本とカリブ共同体(カリコム)(注)諸国の交流を深めることを目的とした記念事業を日本及びカリコム諸国で実施します。

(注)カリブ共同体(カリコム:CARICOM)は、域内の経済統合、外交政策の調整、保健医療・教育等に関する機能的協力の促進を目的とした地域機関。以下の14か国1地域が加盟。
アンティグア・バーブーダ、バハマ、バルバドス、ベリーズ、ドミニカ国、グレナダ、ガイアナ、ハイチ、ジャマイカ、セントクリストファー・ネービス、セントルシア、セントビンセント及びグレナディーン諸島、スリナム、トリニダード・トバゴ、モンセラット(英領)。

「日・カリブ交流年2024」の関連事業

中南米へ戻る