タンザニア連合共和国

日・タンザニア首脳会談

令和元年8月31日

英語版 (English)

  • (写真1)日・タンザニア首脳会談
    日・タンザニア首脳会談(写真提供:内閣広報室)

 本31日午後0時50分頃から約20分間,安倍晋三内閣総理大臣は,マジャリワ・カシム・マジャリワ・タンザニア連合共和国首相(Hon. Mr. Majaliwa Kassim Majaliwa, Prime Minister of the United Republic of Tanzania)との間で日・タンザニア首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,マジャリワ首相は28日から30日まで開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加しました。

  1.  冒頭,安倍総理大臣から,「タンザニアは日本の開発協力の最大のパートナーの一つであり,マジャリワ首相の力を得て,TICAD7を成功させることができた」旨述べました。これに対し,マジャリワ首相から,「TICAD7への招待に感謝。これを契機に,二国間関係をさらに強化していきたい」旨述べました。
  2.  続いて,安倍総理大臣から,西インド洋における協力特別会合の開催に言及するとともに,インド洋を自由で開かれた海洋として発展させるべく連携していきたい旨述べました。また,アフリカ健康構想の協力覚書等を通じて保健分野での協力を推進するとともに,二国間ビジネス促進に向けたマジャワリ首相の協力を要請しました。さらに,地域住民の生活環境改善のため,道路改修や水道配水設備改善を支援する意向を表明しました。これに対し,マジャリワ首相から,教育,水,インフラ,農業,スポーツ等,幅広い分野における日本との協力に対する謝意が表明されるとともに,タンザニアではビジネス環境整備を進めており,製造業,漁業,エネルギー分野等へ日本の投資を期待する旨発言がありました。
  3.  この他,両首脳は安保理改革を含む国際場裡における協力や北朝鮮情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
タンザニア連合共和国へ戻る