ソマリア連邦共和国

河野太郎外務大臣のカイレ・ソマリア連邦共和国首相への表敬

平成30年12月15日

  • 河野太郎外務大臣のカイレ・ソマリア連邦共和国首相への表敬
  • 河野太郎外務大臣のカイレ・ソマリア連邦共和国首相への表敬
  • 河野太郎外務大臣のカイレ・ソマリア連邦共和国首相への表敬

 12月15日(土曜日)午後3時(現地時間;日本時間同日午後9時)から約10分間,河野太郎外務大臣は,訪問中のカタールにおいて,ハッサン・アリ・カイレ・ソマリア連邦共和国首相(H.E. Hassan Ali Khaire, Prime Minister of the Federal Republic of Somalia)を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

  1.  冒頭,河野大臣から,ソマリアの平和と繁栄は地域及び世界の平和と安定にとって重要であること,日本は2009年以来継続してソマリア沖における自衛隊による海賊対処行動を実施しており,この海域の安全を確保すべく,引き続き協力していきたい旨述べました。
  2.  これに対し,カイレ首相から,日本からの長年にわたる支援に対する謝意が述べられました。
  3.  両者は,明年8月に横浜で開催されるTICAD7の成功に向けて協力していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
ソマリア連邦共和国へ戻る