マラウイ共和国

チムリレンジ・マラウイ副大統領による安倍総理大臣表敬

令和元年8月30日

英語版 (English)

  • (写真1)チムリレンジ・マラウイ副大統領による安倍総理大臣表敬
    チムリレンジ・マラウイ副大統領による安倍総理大臣表敬(写真提供:内閣広報室)

本30日午前9時05分頃から約10分間,横浜において,安倍晋三内閣総理大臣は,エヴァートン・チムリレンジ・マラウイ共和国副大統領(Right Honorable Everton Chimulirenji,Vice President of the Republic of Malawi)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。なお,チムリレンジ副大統領は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加するため訪日中です。

  1. 冒頭,安倍総理大臣から,「チムリレンジ副大統領のTICAD7出席を歓迎する」と述べつつ,マラウイと日本は一貫して友好な関係を築いており,緊密な協力関係を進めたい旨述べました。これに対し,チムリレンジ副大統領から,「温かい歓迎に感謝する」と述べるとともに,天皇陛下への即位に対する祝意が示されました。また,独立以降,日・マラウイの友好関係が育まれてきたことは喜ばしい旨発言がありました。
  2. 続いて,安倍総理大臣から,本年4月のサイクロン・イダイによる被害に対して哀悼の意を表するとともに,日本としても支援を実施しており,早期復興を後押ししたい旨述べました。また,ナカラ回廊上に位置し,交通量が増大するマラウイに対し,渋滞緩和と物流円滑化のために協力する意向を表明するとともに,同国における人材育成を引き続き後押ししていく旨述べました。これに対し,チムリレンジ副大統領から,日本を含む国際社会からのサイクロン・イダイへの支援に謝意を述べるとともに,インフラ,防災等の分野における協力や日本企業の投資促進に対する期待が示されました。また,JICA海外協力隊の活動を高く評価する旨発言がありました。
  3. この他,両首脳は安保理改革を含む国際場裡における協力や北朝鮮情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
マラウイ共和国へ戻る