チャド共和国

河野外務大臣とドゥブラニュ・チャド経済・開発計画大臣との会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

  • チャド1
  • チャド2

本29日午後1時45分から約30分間,横浜において,河野太郎外務大臣は,イッサ・ドゥブラニュ・チャド共和国経済・開発計画大臣(H.E. Dr. Issa DOUBRAGNE,Minister of Economy and Development Planning of the Republic of Chad)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,ドゥブラニュ大臣は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加するため訪日中です。

  1. 冒頭,河野大臣から,「ドゥブラニュ大臣の初訪日及びTICAD初参加を歓迎する,今回のTICADでは,サヘル地域の平和と安定に関する特別会合を開催するなど,チャドを始めとするサヘル地域に注目している」,「ドゥブラニュ大臣とともに,TICADを通じて,両国の絆をより強固にしたい」旨述べました。これに対し,ドゥブラニュ大臣から,「TICAD7の開催に当たり,日本側のおもてなしに感謝申し上げる,日本とチャドの関係は非常に緊密であり,政治・経済の両面で関係を深めていきたい」旨述べました。
  2. 河野大臣から,地域の安定に貢献しているチャドとの協力を重視し,チャド湖流域の状況改善に向けた取組を継続したい旨述べました。また,河野大臣は,G5サヘルの努力を後押ししたいと述べ,チャドの平和と安定の促進に向けたテロ対策及びチャドの食料安全保障の改善を支援する意向を表明しました。これに対し,ドゥブラニュ大臣から,これまでの日本による人材育成支援を含む協力に感謝する,チャドは日本の質の高い支援を必要としている,日系企業のチャドへの進出を促進し,経済関係を強化するため,協議していきたい旨述べました。
  3. この他,両大臣は,国際場裡における協力等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
チャド共和国へ戻る