シエラレオネ共和国

日・シエラレオネ外相会談

令和元年8月31日

英語版 (English)

  • 日・シエラレオネ外相会談(握手)
  • 日・シエラレオネ外相会談(会談)

 本31日午前9時05分から約15分間,河野太郎外務大臣は,ナビラ・ファリダ・チュニス・シエラレオネ共和国外務・国際協力大臣(Hon. Mrs. Nabeela Farida TUNIS, Minister of Foreign Affairs and International Cooperation, Republic of Sierra Leone)との間で日・シエラレオネ外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,チュニス大臣は,28日から30日まで開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加しました。

  1.  冒頭,河野大臣から,「チュニス大臣の初の訪日を歓迎。改めて就任に祝意を示したい。チュニス大臣とともに,TICAD7のプロセスを通じて,二国間関係を強化したい」旨述べました。これに対し,チュニス大臣から,「TICAD7に際しての温かいおもてなしに感謝したい。TICAD7が成功裡に開催されたことにお祝い申し上げる。二国間関係を一層強化すべく,河野大臣と緊密に連携したい。」旨述べました。
  2.  河野大臣から,内戦やエボラによる難局を克服し,民主的な選挙を通して平和と安定を実現しているシエラレオネの取組を賞賛し,TICAD7が重視するビジネス関係強化とともに,国作り・人材育成にも協力したい旨述べました。また,日・シエラレオネ技術協力協定が署名されたことは喜ばしく,今後協力を進めていきたい旨述べました。これに対し,チュニス大臣から,今後,日本との間でエネルギー,教育及び保健分野での協力関係を強化したい旨述べました。また,日系企業のシエラレオネへの進出を後押しすべく,ビジネス環境を一層整備していきたい旨述べました。
  3.  この他,両大臣は国際場裡における協力に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
シエラレオネ共和国へ戻る