アフリカ

カプウェプウェ東南部アフリカ市場共同体事務局長と佐藤外務副大臣との会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

 本29日午後2時30分頃から約20分間,横浜において,佐藤正久外務副大臣は,カプウェプウェ東南部アフリカ市場共同体事務局長(H.E. Ms. Chileshe Kapwepwe,Secretary General of the Common Market for Eastern and Southern Africa: COMESA)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,カプウェプウェ事務局長は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加するため訪日中です。

  1.  冒頭,佐藤副大臣から,「訪日を歓迎する。カプウェプウェ事務局長とともに,7回目となるTICADを成功させ,日本とCOMESAの関係を強固にしたい」旨発言しました。
  2.  
  3.  また,佐藤副大臣から,COMESAなどの地域経済共同体は日本企業のビジネス展開の上でも重要である旨,また,TICAD7の成果であるイノベーションと民間セクターの関与を通じた経済構造転換の促進及びビジネス環境の改善等を中心に,COMESAとの協力関係を発展させたい旨述べました。これに対し,カプウェプウェ事務局長から,日本の支援への謝意が示され,加盟国への日本からCOMESA加盟国に対する民間投資増大や技術移転への期待が述べられました。

このページのトップへ戻る
アフリカへ戻る