モーリタニア・イスラム共和国

日・モーリタニア首脳会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

  • 日・モーリタニア首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)

本29日午前9時45分頃から約15分間,横浜において,安倍晋三内閣総理大臣は,イスマイール・ウルド・ベッダ・ウルド・シェイフ・シディヤ・モーリタニア・イスラム共和国首相(H.E. Mr. Ismail Ould Bedda Ould CHEIKH SIDIYA, Prime Minister of the Islamic Republic of Mauritania)との間で日・モーリタニア首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,シディヤ首相は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)に参加するため訪日中です。

  1. 冒頭,安倍総理大臣から,シディヤ首相の就任に祝意を表したい,ガズワニ大統領にも祝意をお伝えいただきたい,モーリタニアはタコの漁獲で有名であり,日本も技術協力で貢献できた,サヘルにおける困難な問題に直面しているにもかかわらず,平和と安定にむけた努力を賞賛したい旨述べました。
    これに対し,シディヤ首相から,暖かい歓迎に感謝する,日本との協力関係を更に強化したい旨述べました。
  2. 続いて,安倍総理大臣から,G5サヘルの努力を後押しすべく,モーリタニアにおけるテロ及び不法移民対策や食料安全保障の改善を支援する意向を表明しました。また,先般署名を行った無償資金協力「水産物衛生検査公社ヌアディブ検査・分析所建設計画」を通じて,モーリタニアとの関係が深い水産業の振興に貢献したい旨述べました。さらに,モーリタニアへの投資増加に向けて,ビジネス環境整備を要請しました。
    これに対し,シディヤ首相から,G5サヘルに対する日本からの支援に謝意が表明されるとともに,食料安全保障分野を含む人道支援,ビジネス・投資促進,貧困対策等における協力への期待が示されました。
  3. この他,両首脳は安保理改革を含む国際場裡における協力や北朝鮮情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
モーリタニア・イスラム共和国へ戻る