ギニアビサウ共和国

日・ギニアビサウ首脳会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

  • 日・ギニアビサウ首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)

 本29日午後2時05分から約15分間,横浜において,安倍晋三内閣総理大臣は,アリスティデス・ゴメス・ギニアビサウ共和国首相(H.E. Mr. Aristides GOMES, Prime Minister of the Republic of Guinea-Bissau)との間で日・ギニアビサウ首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,ゴメス首相は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)に参加するため訪日中です。

  1.  冒頭,安倍総理大臣から,「日本含め国際社会もギニアビサウ情勢を注視している。西アフリカにおいて重要な位置を占めるギニアビサウが平和と安定を確立し,地域の発展の核となるよう日本も応援したい」と発言しました。これに対し,ゴメス首相から,温かい歓迎に感謝するとともに日本との協力関係を更に強化したい旨述べました。
  2.  続いて,安倍総理大臣から,我が国がUNDPと連携して支援を行った本年3月10日の国民議会選挙が平和裡に実施されたことを歓迎するとともに,今年行われる予定の大統領選挙も同様に平和裡に実施されることを期待する旨述べました。また,安倍総理大臣から,食料安全保障の改善を後押しする意向を表明しました。これに対し,ゴメス首相から,同国の政治情勢を説明の上,日本との協力関係の強化を希望するとともに,日本企業による投資への期待が示されました。
  3.  この他,両首脳は安保理改革を含む国際場裡における協力や北朝鮮情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
ギニアビサウ共和国へ戻る