報道発表

ギニアに対する国連世界食糧計画を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

平成27年8月20日

  1. 1 8月19日(現地時間同日),ギニアの首都コナクリにおいて,我が方中野直継駐ギニア大使と先方エリザベス・フォール国連世界食糧計画(WFP)ギニア事務所代表(Mrs. Elisabeth Faure, Country Director and Representative of WFP Guinea)との間で,同国に対するWFPを通じた食糧援助として,総額3億6,000万円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 同国は,約163万人が食糧不足の状況にありますが,昨年以降のエボラ出血熱流行により,同国の経済・財政状態は著しく悪化しており,国民の食糧事情は一層深刻化しています。

    3 我が国は,同国が食糧不足に直面している状況に鑑み,飢餓の軽減,栄養状態の改善等を目的として食糧援助を実施するものです。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る