ガボン共和国

日・ガボン外相会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

  • 日・ガボン外相会談1
  • 日・ガボン外相会談2

本29日午前9時15分頃から約20分間,横浜において,河野太郎外務大臣は,アラン・クロード・ビリ・ビ・ンゼ・ガボン共和国外務大臣(H.E. Mr. Alain-Claude BILIE-BY-NZE, Minister of Foreign Affairs of the Gabonese Republic)との間で日・ガボン外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,ビリ・ビ・ンゼ大臣は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)に参加するため訪日中です。

  1. 冒頭,河野大臣から,「初の訪日を歓迎する。日本は,中部アフリカ地域の平和と安定を支えるガボンとの協力関係を重視する。ビリ・ビ・ンゼ大臣とともに,TICAD7を通じて,両国の絆をより強固にしたい」旨述べました。
    これに対し,ビリ・ビ・ンゼ大臣から,「TICAD7の機会を通じて日本との二国間関係を強化したい,TICAD7の成功を祈念するとともに,日本側のおもてなしに感謝する,アリ・ボンゴ大統領からもあらゆる機会を通じて日本との友好関係を強化するよう指示を受けている」旨述べました。
  2. 河野大臣から,国際機関及びNGOと連携し,ガボンの母子保健の向上を支援する意向を表明しました。また,河野大臣は,リーブルビル零細漁業支援センター(CAPAL)への支援を継続していきたい旨述べるとともに,ABEイニシアティブ等で研修を受けた同国の若者が,ガボンの産業振興に貢献することへの期待を表明しました。また,ビリ・ビ・ンゼ大臣から,天皇陛下の即位にお祝いを申し上げる旨,さらに,カボンの経済多角化に向け,農業,漁業,観光等の分野で日本との協力関係を深化させていきたい旨発言がありました。
  3. この他,両大臣は安保理改革を含む国際場裡における協力等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
ガボン共和国へ戻る