カーボベルデ共和国

日・カーボベルデ首脳会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

  • 日・カーボベルデ首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)

 本29日午後2時45分頃から約15分間,横浜において,安倍晋三内閣総理大臣は,ジョゼ・ユリス・ドゥ・ピナ・コレイア・エ・シルヴァ・カーボベルデ共和国首相(H.E. Mr. José Ulisses DE PINA CORREIA E SILVA, Prime Minister of the Republic of Cabo Verde)との間で日・カーボベルデ首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,コレイア・エ・シルヴァ・カーボベルデ首相は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加するため訪日中です。

  1.  冒頭,安倍総理大臣から,「民主主義が着実に定着したカーボベルデとの絆を深めたい」と述べつつ,共通の課題がある同じ島国として,協力していきたい旨発言しました。これに対し,コレイア・エ・シルヴァ首相から,「TICAD7への招待に感謝する,日本との協力関係を更に強化したい」と述べるとともに,「今回の横浜宣言を評価する」との発言がありました。
  2.  続いて,安倍総理大臣から自由,民主主義,人権,法の支配等の普遍的価値を共有するカーボベルデとの関係を重視しており,同国が進める持続的戦略開発計画(PEDS)を後押ししたいと述べるとともに,同国の食料安全保障の改善を支援する意向を表明しました。また,島国・火山国という両国の共通点に触れながら,災害・緊急時の給水能力強化支援のための防災分野における協力を推進していきたい旨述べました。これに対し,コレイア・エ・シルヴァ首相から,これまでの日本の支援に対する謝意が表明されるとともに,日本企業による投資の拡大や漁業,防災,観光分野への協力への期待が示されました。
  3.  この他,両首脳は安保理改革を含む国際場裡における協力や北朝鮮情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
カーボベルデ共和国へ戻る