ブルキナファソ

日・ブルキナファソ首脳会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

  • 日・ブルキナファソ首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)

本29日午前10時05分頃から約15分間,横浜において,安倍晋三内閣総理大臣は,ロック・マルク・クリスチャン・カボレ・ブルキナファソ大統領(H.E. Mr. Roch Marc Christian KABORE, President of Burkina Faso)との間で日・ブルキナファソ首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,カボレ大統領は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加するため訪日中です。

  1. 冒頭,安倍総理大臣から,「サヘルにおける困難な問題に直面する中にかかわらず,平和と安定の努力を賞賛する。日本としても,人材育成や制度構築等の国作りへの努力を後押ししたい」,「先般のテロ攻撃の犠牲者に対する哀悼の意を表明する」旨述べました。これに対し,カボレ大統領から,これまでの日本の教育,治安対策,インフラ分野への支援に対する謝意が示されるとともに,天皇陛下の即位についてのお祝いの言葉を述べました。
  2. 続いて,安倍総理大臣から,G5サヘルの努力を後押しすべく,ブルキナファソにおけるテロの拡大防止のための取組や,深刻な干ばつが発生しているサヘル地域に対する食料安全保障の改善を支援する意向を表明しました。さらに,安倍総理大臣は,西アフリカ「成長の環」を推進し連結性強化に取り組んでいく旨述べるとともに,道路環境整備を後押しする意向を表明しました。これに対し,カボレ大統領から,日本から治安対策や学校建設等の教育分野への支援に対する期待が示されました。また,昨日,安倍総理大臣が発表したアフリカの平和と安定のための新しいアプローチ(NAPSA:New Approach for Peace and Stability in Africa)を評価し,歓迎すると述べました。
  3. この他,両首脳は安保理改革を含む国際場裡における協力や北朝鮮情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
ブルキナファソへ戻る