パプアニューギニア独立国

日・パプアニューギニア外相立ち話

平成30年8月3日

8月3日,午前11時20分(現地時間)から約5分間,ASEAN関連外相会合出席のためシンガポールを訪問中の河野太郎外務大臣は,滞在中のリムビンク・パト・パプアニューギニア独立国外務貿易大臣(Hon. Rimbink PATO, Minister for Foreign Affairs and Trade, Independent State of Papua New Guinea)との間で,立ち話を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,河野外務大臣から,本年のパプアニューギニアのアジア太平洋経済協力(APEC)の主催にあたり,同国への初めての訪問を楽しみにしている旨述べ,パト外務貿易大臣から歓迎の意が示されました。
  2. また,河野外務大臣から,本年10月に投票が行われる世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長選挙に関して,パプアニューギニアが日本の葛西健候補(現同機関事務局事業統括部長兼次長)への支持を表明していることに謝意を表明したところ,パト外務貿易大臣から,パプアニューギニアの葛西候補への支持は確固たるものである旨の確認があり,双方は,インド太平洋地域において,本件選挙も含め,両国で緊密に協力していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
パプアニューギニア独立国へ戻る