ニュージーランド

クライストチャーチのモスクでの銃撃事件に対する安倍総理大臣のメッセージの発出

平成31年3月15日

英語版 (English)

 本15日(現地時間同日午後)に発生したニュージーランド・クライストチャーチのモスクでの銃撃事件を受け,安倍晋三内閣総理大臣からジャシンダ・アーデーン・ニュージーランド首相(Rt Hon Jacinda Ardern, Prime Minister of New Zealand)宛に,以下のメッセージを発出しました。

「親愛なるアーデーン首相,

 本日,クライストチャーチで発生した卑劣なテロ攻撃を断固として非難します。日本国政府及び日本国民を代表して,亡くなられた方々に対し心からの哀悼の意を表すると共に,ご遺族及び負傷された方々に心からお見舞い申し上げます。
 ニュージーランド国民の皆様がこの困難な時を乗り越えるにあたり,心からの連帯を表明します。
 テロは,いかなる理由でも決して許されません。日本は,ニュージーランド及び国際社会と手を携えて,テロと断固として戦う決意です。

日本国内閣総理大臣
安倍 晋三」


このページのトップへ戻る
ニュージーランドへ戻る