パキスタン・イスラム共和国

ダール・パキスタン財務大臣による加藤内閣官房副長官表敬(結果)

平成27年1月14日

  • パキスタン財務大臣による加藤内閣官房副長官表敬1
  • パキスタン財務大臣による加藤内閣官房副長官表敬2

 本14日,加藤勝信内閣官房副長官はイスハク・ダール・パキスタン財務大臣による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,加藤副長官より,訪日を心から歓迎する,先月のパキスタンのペシャワールにおける学校襲撃テロ事件で多数の死傷者が出たことに弔意を表するとともに,シャリフ政権によるテロとの闘い,治安改善に向けた努力,経済・財政改革を支持し,日本としても積極的に協力したい旨述べました。また,第3次安倍政権でも,安倍晋三内閣総理大臣のリーダーシップの下,「地球儀を俯瞰する外交」を強力に進めていく,本年は戦後70年目であり,積極的平和主義の旗のもと,今後も世界の平和と繁栄に貢献していく旨述べました。

2 これを受けダール財務大臣より,訪日招待及び日本からの経済支援の感謝,安倍総理大臣の総選挙での勝利への祝意表明がありました。また,ダール財務大臣は,現在パキスタン政府として経済改革,エネルギー問題の解決,過激派対策を推し進めており,国内での対テロ軍事作戦は成功している旨述べました。

3 二国間関係につき,以下のやりとりがありました。

(1)加藤副長官より,二国間関係の強化に加え,国際場裡での協力の活性化も重要である,パキスタンの安定に貢献するため、テロ対策、洪水、ポリオに関する支援の実施を決定した旨伝達し,ダール財務大臣の指導力発揮による経済・財政改革の着実な推進を期待している旨述べました。

(2)これに対し,ダール財務大臣より,日本は非常に重要な国であり,パキスタンは日本との良好な友好関係を評価している,二国間の経済は本来あるべき姿を反映しておらず,日パキスタン間の投資を促進していきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
パキスタン・イスラム共和国へ戻る