ネパール連邦民主共和国

城内外務副大臣とマハト・ネパール財務大臣との会談

平成27年2月12日

2月12日(木曜日),午後3時30分から約30分間,城内実外務副大臣は,来日中のラム・シャラン・マハト・ネパール連邦民主共和国財務大臣(Honorable Dr. Ram Sharan Mahat,Minister of Finance,Federal Democratic Republic of Nepal)と会談したところ,概要は以下のとおりです。
  1. 城内副大臣から,マハト大臣の来日を歓迎するとともに,ネパールにおいて早期に新憲法が制定されることへの強い期待を述べた上で,日本として,ネパールの民主主義定着に向けた取組を継続して支援していく考えを表明しました。
  2. これに対し,マハト大臣から,これまでの我が国の対ネパール経済協力に対する謝意が表明されるとともに,可能な限り早期に新憲法が制定されるであろうと述べつつ,両国のハイレベルの要人往来をはじめ二国間交流を一層促進していきたい旨述べました。
  3. 城内副大臣とマハト大臣は,社会・経済発展の基礎となるインフラ整備などの分野における両国による協力の継続を確認しました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
ネパール連邦民主共和国へ戻る