インド

岸田外務大臣によるモディ・インド首相表敬

平成27年1月16日

  • 岸田外務大臣によるモディ・インド首相表敬1
  • 岸田外務大臣によるモディ・インド首相表敬2

 本16日午後4時45分(デリー時間)から約40分間(予定の約2倍),インドを訪問中の岸田文雄外務大臣は,ナレンドラ・モディ・インド首相(Mr. Narendra Modi, Prime Minister of India)を表敬したところ,概要は以下のとおり。

1 冒頭,岸田大臣からモディ首相に対し,モディ首相の卓越した指導力の下,日印関係が進展していることを歓迎した上で,日印関係を,インド太平洋地域のみならず,世界の平和と繁栄に貢献する「特別な」パートナーシップとして重視している旨述べた。

2 また,岸田大臣から,モディ首相による「ジャパン・プラスチーム」設置のイニシアティブを評価し効果的に機能するよう期待する旨述べた上で,アベノミクスとモディノミクスが連動し,Win-Winの経済関係を生むよう協力していきたい旨述べた。

3 これに対してモディ首相から,岸田大臣にお会いでき嬉しい,先般の衆議院選挙における安倍政権の勝利に祝意を述べたい,それによって,日印関係は更に強化されるであろうとの期待が述べられた。

4 また,モディ首相から,安倍総理との個人的な信頼関係は,自分にとっての宝であり,安倍総理が対印投資促進に尽力していただいていることを評価している,今般のバイブラント・グジャラート・サミットに,日本から高木経産副大臣ほか代表団を派遣してくださったことにも謝意を述べたい旨述べた。

5 さらにモディ首相から,今回の岸田大臣訪問を通じ,先般の自分の訪日時に話し合われた内容が具体化されることを期待する,岸田大臣のご訪問が実り多いものとなるようにしたい旨の発言があった。


このページのトップへ戻る
インドへ戻る