バングラデシュ人民共和国

河野外務大臣によるダッカ襲撃テロ事件現場での献花

平成30年8月7日

  • 河野外務大臣によるダッカ襲撃テロ事件現場での献花1
  • 河野外務大臣によるダッカ襲撃テロ事件現場での献花2
  • 河野外務大臣によるダッカ襲撃テロ事件現場での献花3
バングラデシュ訪問中の河野太郎外務大臣は,7日(火曜日)午後1時15分(現地時間),発生から二年が経過したダッカ襲撃テロ事件の現場となったダッカ市内のレストランで献花を行い,犠牲者及びその御家族に哀悼の意を表しました。

(参考)ダッカ襲撃テロ事件
2016年7月1日21時30分頃(現地時間),ダッカ市内のレストランにおいて数名の武装グループが人質を取って籠城し,日本人7名を含む約20名を殺害,多数が負傷する事案が発生。事件発生後,「ISIL(イラク・レバントのイスラム国)バングラデシュ」を名乗る組織が犯行声明を発出。本年7月23日,バングラデシュ警察は,本事件に関するチャージシートを裁判所に提出し,容疑者8名について対テロ法違反容疑により訴追を求めている。

このページのトップへ戻る
バングラデシュ人民共和国へ戻る