東ティモール民主共和国

日・東ティモール外相会談

平成30年8月3日

英語版 (English)

  • 日・東ティモール外相会談1
  • 日・東ティモール外相会談2

本3日午前11時(現地時間)から約20分間,ASEAN関連外相会合出席のためシンガポールを訪問中の河野太郎外務大臣は,ディオニシオ・ダ・コスタ・バボ・ソアレス・東ティモール外務・協力大臣(H.E. Dr. Dionisio da Costa Babo Soares, Minister for Foreign Affairs and Cooperation, The Democratic Republic of Timor-Leste)と外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 河野大臣から,バボ大臣の外務・協力大臣就任に対する祝辞を述べると共に,日本は一貫して東ティモールの国造りを支援,更なる成長・発展に向けて協力していく姿勢は今後も不変である,5年ぶりとなる日・東ティモール外相会談において今後の協力の方向性について議論したい旨述べました。これに対して,バボ大臣は日本からの長きにわたる支援に感謝,二国間での連携を強化したいと述べました。
  2. 両大臣は,両国間で安全保障,経済,インフラ,人材育成,人的交流,海洋等の分野における協力を推進することを確認しました。また,河野大臣から,東ティモールのASEAN加盟に向けた支援を引き続き検討していく旨述べつつ,「自由で開かれたインド太平洋戦略」の下での連携を強化したい意向を伝えバボ大臣から同意が示されました。
  3. 両大臣は,近い時期に東京又はディリで再会するという点で一致しました。

このページのトップへ戻る
東ティモール民主共和国へ戻る