フィリピン共和国

日・フィリピン外相会談

平成29年8月6日

英語版 (English)

  • 日・フィリピン外相会談1
  • 日・フィリピン外相会談2
6日,午後11時30分から約25分間(現地時間),河野太郎外務大臣は,ASEAN関連外相会議に出席するため訪問中のマニラ・フィリピンにおいて,アラン・ピーター・カエタノ・フィリピン共和国外務大臣(H.E. Mr. Alan Peter S. Cayetano, Secretary of Foreign Affairs of the Republic of the Philippines)と外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 二国間関係

河野大臣から,カエタノ大臣とお会いでき喜ばしい,ASEAN議長国としてのリーダーシップに敬意,ASEANの成功に向けて緊密に協力したい旨述べ,両大臣は関係強化に向けて緊密に協力していくことで一致しました。

さらに河野大臣から,ミンダナオ情勢の沈静化に向けたフィリピンの努力を支えるため,治安・テロ対策支援として合意済みの高速小型艇や警備関連機材の供与を早急に進めるとともに,さらなる支援も検討したい旨述べました。また,同大臣から,本年1月の安倍総理によるフィリピン訪問の際に発表した5年間におよぶ1兆円規模の官民支援について,地下鉄等の鉄道事業を含むインフラ整備、違法薬物対策、ミンダナオ支援等を着実に実施したい旨述べました。

これに対して,カエタノ大臣から,これまでの日本の支援に感謝するとともに、5年間で1兆円規模の日本の支援に期待している旨述べました。

2 地域情勢

両大臣は,北朝鮮問題や南シナ海を含む地域情勢に関して意見交換を行い,緊密に連携していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
フィリピン共和国へ戻る