インドネシア共和国

茂木外務大臣によるジョコ・インドネシア大統領表敬

令和2年1月10日

  • 茂木外務大臣によるジョコ・インドネシア大統領表敬

本10日,午前9時20分頃から約30分間,茂木敏充外務大臣は,訪問中のインドネシア・ジャカルタにおいて,ジョコ・ウィドド・インドネシア共和国大統領(H.E. Mr. Joko Widodo, President of the Republic of Indonesia)を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,ジョコ大統領から日本はインドネシアの主要な戦略的パートナーの一つであり,インフラ開発,人材育成の分野での協力を深めていきたい旨発言がありました。
  2. これに対し,茂木大臣から,「今般のジャカルタ及びその周辺で発生した洪水被害に対しお見舞い申し上げる」と伝えるとともに,「昨年11月の首脳会談,経済ミッションのジャカルタ訪問をフォローアップすべく,ジョコ大統領の二期目の優先課題のうち,インフラ開発,人材育成に積極的に協力したい」と述べました。また,「本日午後,ASEAN事務局で政策スピーチを行い,ASEAN諸国との今後の協力の在り方を打ち出す予定。同じ海洋民主国家として協力していきたい」,「両国の協力の象徴として開業した地下鉄(MRT)にも乗る予定。日本は建設だけでなく運営維持管理のノウハウ移転や人材育成にも協力している。インドネシア人自身の手で見事な定時運行が行われていることを賞賛したい」と述べました。
  3. 茂木大臣から,「インフラ開発分野では,MRTの延伸,パティンバン港の開発,ジャワ北幹線鉄道の高速化等について,インドネシア側の協力を得ながら着実に進めていきたい」と発言しました。
  4. 茂木大臣とジョコ大統領はナツナ諸島の開発について協力を進めていくことで一致しました。
  5. 茂木大臣から,インドネシアにおける戦没者遺骨収集事業に関し,早期再開に向けての協力を求めました。
  6. 茂木大臣とジョコ大統領は,東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定交渉について,今後とも日インドネシア間で緊密に連携していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
インドネシア共和国へ戻る