タイ王国

ドーン・タイ外務大臣による安倍総理大臣表敬

平成29年9月26日

 本26日午後2時45分から約15分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のドーン・ポラマットウィナイ・タイ王国外務大臣(H.E. Mr. Don Pramudwinai, Minister of Foreign Affairs of the Kingdom of Thailand)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,日タイ外交関係樹立からちょうど130周年となる本日別ウィンドウで開く,ドーン外務大臣をお迎えできて嬉しい旨述べました。また,メコン地域のハブとしての重要な役割を果たしているタイとの関係を大変重視しており,プラユット首相のリーダーシップによりタイがより発展することを期待する旨発言しました。ドーン外務大臣より,プラユット首相から安倍総理大臣に対してよろしくお伝えするように言付かっている旨発言し,プラユット首相からの日タイ修好130周年の祝詞を安倍総理大臣に手交しました。

2 安倍総理大臣からは,北朝鮮に対しては,関連国連安保理決議の完全な履行が重要であり,また,拉致問題の早期解決に向け,協力をしていきたい旨発言しました。これに対して,ドーン外務大臣からは,タイは国連安保理決議を厳格に遵守しており,一部は決議以上の内容の措置もとっている旨説明がありました。また,アジアの地域情勢について有意義な意見交換を行い,ドーン外務大臣からは,我が国の「自由で開かれたインド太平洋戦略」を支持する旨表明がありました。


このページのトップへ戻る
タイ王国へ戻る