報道発表

ブルキナファソに対する無償資金協力「法の支配の強化と貧困層の司法へのアクセス支援計画」に関する書簡の交換

平成25年7月12日

    1.  7月11日(現地時間同日),ブルキナファソの首都ワガドゥグーにおいて,我が方二石昌人駐ブルキナファソ大使と先方パスカル=カロレロ国連開発計画(UNDP)ブルキナファソ事務所長(Mr. Pascal KARORERO, Resident Representative of United Nations Development Programme in Burkina Faso)との間で,供与額2億8,300万円の無償資金協力「法の支配の強化と貧困層の司法へのアクセス支援計画(The Project for Supporting the Consolidation of the Rule of Law and Access to Justice for the Poor Population)」に関する書簡の交換が行われました。
    2.  この協力は,アフリカ西部に位置するブルキナファソにおいて、UNDPを通じて小型武器の流入増大への対策や国家人権委員会や治安部局の能力強化等の協力を行うものです。この協力の実施により,小型武器の流入増大対策による治安強化や人権保護が推進され,ひいてはブルキナファソにおける治安状況の改善やテロ等の潜在的脅威の低減に資することが期待されます。
    3.  我が国は本年6月に開催された第5回アフリカ開発会議(TICADV)において,北アフリカやサヘル地域におけるテロ対処能力向上のための支援を表明しており,本計画はその一環として実施するものです。

    (参考)ブルキナファソ概況
     ブルキナファソは、国土面積約27万平方キロメートル、人口1,650万人(2010年、世銀),人口1人当たりのGNI(国民総所得)は約570米ドル(2011 年、世銀)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る