報道発表

参議院山口県補欠選挙に伴う在外投票の実施

平成25年4月11日

    1.  参議院山口県選出議員の補欠選挙(国内投票日:4月28日(日曜日))の実施に伴い,4月13日(土曜日)(告示日の翌々日)に在外公館投票が行われます。
    2.  今回の在外投票では,山口県市区町村の在外選挙人名簿に登録されている1,026人(2月15日現在)の方が,「在外公館投票」,「郵便等投票」または「日本国内における投票」のいずれかを選択して投票することができます。
    3. 4月13日(土曜日)の在外公館投票は,次の116の在外公館(出張駐在官事務所を含む。)において実施されます。

    (参考)

    1.  平成18年6月の公職選挙法の一部改正により,平成19年6月1日以降に行われる国政選挙に伴う在外選挙から,衆・参比例代表選挙に加えて(小)選挙区選挙とそれらの補欠選挙・再選挙にも投票できることになりました。
    2.  在外選挙における投票方法は,以下の外務省ホームページを御覧ください。
      http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/vote.html
    3.  在外選挙における補欠選挙はこれまでに,平成19年7月の参議院議員通常選挙と同時に実施された衆議院議員補欠選挙(岩手県第1区及び熊本県第3区),平成20年4月の衆議院議員補欠選挙(山口県第2区),平成21年10月の参議院議員補欠選挙(神奈川県及び静岡県),平成22年10月の衆議院議員補欠選挙(北海道第5区),平成23年4月の衆議院補欠選挙(愛知県第6区),平成24年の衆議院補欠選挙(鹿児島県第3区)で実施されており、今回が7回目となります。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る