報道発表

在アラブ首長国連邦日本大使館職員の新型コロナウイルス感染症の感染

令和2年7月14日

1 7月11日(現地時間)、在アラブ首長国連邦日本大使館の職員(パキスタン国籍)が新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されました。

2 当該職員は、一時帰国中のパキスタンにおいて感染が確認されたものです。現在、パキスタンの自宅で療養中であり、容体は安定しているとの報告を受けています。なお、当該職員と在留邦人や来館者との濃厚接触はないことが確認されています。

3 外務省としては、邦人保護を含む通常業務に支障がないよう、引き続き、感染予防、感染拡大防止策に関して必要な対策を講じてまいります。


報道発表へ戻る