報道発表

ジャック・シラク・フランス共和国元大統領の逝去を受けた
茂木外務大臣からル・ドリアン・フランス欧州・外務大臣へのメッセージの発出

令和元年9月27日

  1.  本27日,ジャック・シラク・フランス共和国元大統領が26日に逝去したことを受けて,茂木敏充外務大臣からジャン=イヴ・ル・ドリアン・フランス共和国欧州・外務大臣(H.E. Mr. Jean-Yves Le Drian, Minister for Europe and Foreign Affairs of the French Republic)に宛てて以下の弔意メッセージを発出しました。

     ジャック・シラク第五共和政第5代フランス共和国大統領が御逝去されたとの突然の報に接し,深い悲しみの念に堪えません。御遺族,そしてフランス政府及び同国民に対し,謹んで哀悼の意を表します。

     シラク大統領は,1995年から2期12年にわたる任期において優れたリーダーシップを発揮され,国際社会の平和と安定に多大な貢献をされました。また,大の親日家としても知られるシラク大統領は,2000年の九州・沖縄サミットへの御出席等の公式訪問を含め,公私ともに何度も訪日され,20世紀を総括し,新世紀にふさわしい日本とフランスの友好・協力関係の構築にも大きく貢献してこられました。

     シラク大統領の在りし日のお姿を偲びつつ,ここに謹んで,日本国政府及び国民を代表し,シラク第五共和政第5代フランス共和国大統領の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

    日本国外務大臣
    茂木 敏充


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る