報道発表

古屋特派大使のミクロネシア訪問

令和元年7月24日

  1. 1 我が国政府は,7月29日にミクロネシア連邦の首都パリキールにおいて行われるディビッド・W・パニュエロ大統領(H.E. David W. PANUELO, President of the Federated States of Micronesia)就任式典に,古屋圭司衆議院議員を特派大使として派遣することを決定しました。

    2 我が国との歴史的関係を有し,伝統的に親日国として知られるミクロネシア連邦と我が国は非常に良好な友好協力関係を有し,パニュエロ大統領も過去に連邦議員として度々訪日しています。

    3 新政権成立後も我が国としてミクロネシア連邦との友好協力関係を維持・発展させていくべく,日・ミクロネシア友好議員連盟会長かつ日・太平洋島嶼国友好議員連盟会長である古屋衆議院議員を特派大使に任命の上,同式典に派遣することとしました。

    (参考)
     本年3月5日の連邦議会選挙を受けて,5月12日に大統領選挙が実施され,パニュエロ候補が当選した。任期は2023年5月まで。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る