報道発表

国後島及び択捉島からの患者の受入れ

令和元年7月10日

  1. 1 7月11日から,外務省は,北方四島住民支援事業の一環として,人道上の見地から,国後島及び択捉島の患者4名を町立中標津病院及び札幌医科大学附属病院において受け入れることを決定しました。

    2 今回の患者4名については,島側からの受入れ要請及び患者の病状等を踏まえ,受入れを決定したものです。

    3 北方四島からの患者受入れは,平成10年度から実施しており,平成30年度末までに延べ266名の患者を受け入れています。

                           

    【患者情報】

    (1)50代男性 国後島(町立中標津病院)
    (2)60代女性 国後島(町立中標津病院)
    (3)女児 択捉島(札幌医科大学附属病院)
    (4)40代女性 択捉島(札幌医科大学附属病院)

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る