報道発表

東南アジア・インドにおける海洋プラスチックごみ対策促進支援の実施

平成31年3月4日

英語版 (English)

  1. 1 我が国は,国連環境計画(UNEP)による,東南アジア(メコン川流域)やインド(ガンジス川流域及びムンバイ)において海洋プラスチックごみの対策に向けた取組に対し,1億2,300万円(約1,100,000ドル)の拠出を行うこととしました。

    2 UNEPでは,同アジア太平洋事務所が中心となり,2019年から2020年にかけて,以下の具体的対策を実施することとしており,今回の拠出はこの対策を支援するものです。

    (1)東南アジア(メコン川流域)にて,プラスチックごみの排出源・経路の特定やモニタリング手法のモデルを構築する。

    (2)インド(ガンジス川流域及びムンバイ)にて,プラスチックごみの流出源・経路の特定やモニタリング手法のモデル構築を行い,また,プラスチックごみに関する啓蒙活動を基盤にした自治体・NGOの取組強化を支援する。

    (3)これらの実施を踏まえ,各国に対して適正な廃棄物処理システムの導入支援に向けた政策提案等を行う。

    3 地球規模での海洋プラスチックごみへの問題意識が高まる中で,その主要な発生源とされる東南アジアやインドにおいても,対策を早急に進めることが求められています。特に,海洋プラスチックごみについては,その流出経路,分布等,解明されていない事実も多くあるとされ,効果的な対策の実施のため,科学的知見の蓄積も重要な課題となっていることから,今般上記2の具体的対策を実施するものです。

    4 我が国としては,このような対策における我が国の知見の活用や,UNEPとJICAとの連携の可能性も視野に入れつつ,本件支援の着実な実施を通じ,東南アジアおよびインドにおける海洋プラスチック問題の解決に向けて貢献していきたいと考えています。我が国としては,新たな汚染を生み出さない世界の実現を目指し,新興国を含めた世界全体での海洋プラスチックごみ対策の促進のため,引き続きリーダーシップを発揮していく考えです。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る