報道発表

エジプト政府による西日本豪雨被災3県の高校生等招へい事業の実施

平成30年12月19日

  1. 1 12月23日から30日まで,2018年7月に生じた西日本豪雨で被災した3県(岡山県,広島県,愛媛県)の高校生及び引率者の合計27名が,エルシーシ・エジプト大統領の招待を受け,同国のカイロ,アスワン,ルクソール等を訪問します。

    2 この事業は,日・エジプト二国間の友好関係を促進する観点から非常に効果的な事業であり,実施に向けた各種調整においては,外務省も側面支援してきました。

    3 この事業により,日本とエジプトの友好関係が一段と深まることが期待されます。

    [参考]
     エジプト政府は,東日本大震災の後の2012年にも,福島,宮城,岩手3県の中高生11人をエジプトに招へいしている。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る