報道発表

第19回日韓環境保護協力合同委員会の開催(結果)

平成29年6月29日

  1. 1 本29日,茨城県つくば市において,第19回日韓環境保護協力合同委員会が開催されました(日本側首席代表は滝崎成樹外務省アジア大洋州局審議官,韓国側首席代表は権世重(クォン・セジュン)外交部気候変動環境外交局審議官)。

    2 今回の合同委員会では,日韓間の環境協力,気候変動等のグローバルな環境問題に関する協力等の課題について意見交換を行い,これらの分野で日韓両国が緊密に連携していくことを確認しました。

    3 また,双方は,第20回日韓環境保護協力合同委員会を来年の適当な時期に韓国で開催することで一致しました。

    (参考)日韓環境保護協力合同委員会
     1993年6月,環境保護の分野における日韓両政府間の協力の強化を目的とする「環境の保護の分野における協力に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定」(日韓環境保護協力協定)が締結された。
     同協定の規定に基づき,1994年1月に東京で第1回日韓環境保護協力合同委員会が開催され,現在までに19回にわたり,日本及び韓国で交互に開催されてきている。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る