報道発表

東ティモール大統領就任式及び東ティモール独立15周年記念式典への中谷総理特使の派遣

平成29年5月17日

  1. 1 本年3月に行われた東ティモール民主共和国大統領選挙の結果を受け,5月19日から20日にかけ,フランシスコ・グテレス・ル・オロ・東ティモール民主共和国新大統領(H.E. Mr. Francisco Guterres Lu Olo, President of the Democratic Republic of Timor-Leste)の就任式及び東ティモール独立15周年記念式典が行われます。

    2 我が国は,日・東ティモール関係の重要性に鑑みて,この就任式及び独立記念式典に中谷元衆議院議員(東ティモール議員連盟会長)を安倍晋三内閣総理大臣の特使として派遣することとしました。

    3 中谷総理特使の派遣が,東ティモールとの良好な友好関係の維持・発展につながることが期待されます。

    (参考)東ティモール概況
    (1)2002年にインドネシアから独立を回復した,21世紀最初の独立国家であり,本年5月20日に独立15周年を迎える。紛争後の復興から本格的な開発の段階へと移行しつつあり,国際社会の支援による平和構築・国造りの成功例として注目されている。

    (2)フランシスコ・グテレス・ル・オロ新大統領は1954年9月7日生まれの62歳。インドネシアからの独立を目指すゲリラ活動に従事し,東ティモールの独立に貢献。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る